商品カテゴリ

ノベルティの単価で探す

ノベルティのターゲットで探す

初めてのお客様へ

ノベルティ・販促品の 販促マニアTOP > ノベルティ・販促品の豆知識 > シルク印刷について


カートへ

ノベルティ・販促品の豆知識

販促品の豆知識

No.021

シルク印刷について

シルク印刷

シルク印刷(シルクスクリーン印刷)とは、テトロンやナイロンの布地を版に張り、インクをのせヘラで押し出して刷る方法です。

もともとは布地に絹(シルク)が使われていたため、シルクスクリーンと呼ばれ始めました。

広い範囲の名入れやベタの印刷が可能。単色はもちろん多色印刷もOK。1色ごとに版をおこすので色数が多くなるほど版代・名入れ代がかかります。

平らな商品であれば、狭い範囲〜広範囲まで印刷ができます。

ノベルティや販促品に人気のトートバッグへの名入れは、シルク印刷で行っています。

シルク印刷の作業工程

シルク印刷の方法
STEP.1

印刷物をシワのないよう伸ばして平らな所にセットします。

STEP.2

それぞれ色ごとに版をおこします。
版は印刷する図柄の部分のみにインクが通るよう孔をあけて作製します。

STEP.3

スキージーというゴム状のヘラのようなもので版の孔の中にインクを押し込むようなかたちで移動させ印刷します。

STEP.4

インクが印刷物にのったら、乾燥させて出来上がり。


シルク印刷作製サンプル

シルク印刷したライトキャンバストート
展示会や学校説明会などのパンフレットやカタログ入れに最適な定番のコットンバッグです。
シルク印刷したデニムバッグ
お洒落なデニムバッグもシルク印刷であっという間にオリジナル商品に早変わり!!
シルク印刷した不織布バッグ
不織布バッグも広範囲にシルク印刷が可能。宣伝効果抜群!!

シルク印刷のメリット・デメリット

メリット
  • インク層が厚いため、下地の色に影響されることなく印刷が出来る
  • 大きな範囲の印刷が可能

デメリット
  • 1色ごとに版代・名入れ代がかかるので、多色印刷の場合は費用が高くなる
  • 曲面や凹凸面には印刷はできない
  • 細かな文字やイラストは潰れる恐れがある

シルク印刷(1色〜)対応ノベルティはコチラ。